マル信緑香園,農家のお茶,伊勢茶製造直売,玉露かぶせ茶,煎茶,ほうじ茶,番茶,玄米茶,三重県いなべ市大安町石槫南

photo
ホーム > マル信 緑香園の歴史
創業140余年、石榑の恵まれた気候・土壌・水により栽培された『香りゆたかなお茶』


マル信 緑香園は、三重県最北端のいなべ市に位置し、鈴鹿山脈、石榑峠のふもと大安町石榑地区で、玉露・かぶせ茶
の産地として、初代新次郎(文久2年生まれ)が手摘み、手揉みの頃からお茶づくりを始めました。

2代目信一(のぶいち、明治27年生まれ)が昭和5年に機械化し、3代目一信(かずのぶ、大正12年生まれ)へと
伝えられ、「お茶のぶさん」として地域から親しまれてきました。昭和28年の全国製茶品評会にて、信一はかぶせ茶
部門、一信は煎茶部門において一等一席、農林大臣賞を親子同時受賞し、昭和61年には第19回三重県茶品評会にて
4代目哲也が煎茶部門で一等一席、農林水産大臣賞をいただきました。

また、昭和37年には天皇皇后両陛下が三重県に来県。5月20日志摩観光ホテルにて煎茶を献上させていただきまし
た。山麓地帯の恵まれた気候と土壌、水は、茶樹の栽培に適しており、寒暖の差や春先の霧やもやは、新芽にとって最
良の自然の恵みと感謝しています。家族労働での経営ですが、有機肥料主体で、心をこめた安心・安全・伝統を受け継いだ良質茶づくりに専念しています。

すべてにおいて機械化が進んでいますが、茶の加工過程では蒸し具合、揉み具合を今でもひとつひとつ手で感触を確か
めながら製造しています。

 

※ クリックすると拡大表示になります。

2代目「信一」と仲間   二代目「信一(のぶいち)」   店舗の奥には蔵があり、家具の金具が緑香園の歴史を物語っている   三重県茶業協会から「農林大臣賞」受賞の功績を認められ、記念品・感謝状をいただく
             
昭和初期に使用していたパッケージデザインも味わい深い   煎茶のパッケージに描かれているイラストも昔ながらの丁寧な仕上がり   蔵の鍵はいまだ現役「昔も今も緑香園を守っている」   昔の職人が作った急須と湯呑で飲むお茶は特別であり気持ちを整えさせてくれる

 

 

button