|  マル信緑香園について

マル信 緑香園について

農林水産大臣賞受賞茶園

マル信緑香園は、三重県最北端のいなべ市にあります。坂本龍馬が土佐藩を脱藩した文久2年(1862年)、マル信緑香園の初代にあたる伊藤新次郎が生を受けます。
詳しい記録は残っておりませんが、新次郎は子供の頃からこの石榑でお茶づくりを始めたそうです。もちろん手摘み・手揉み、すべて手作業の時代です。
新次郎が作ったお茶との物々交換から始まり、やがてお茶が美味しいと評判になり、その対価をいただくようになり、生業になっていったそうです。
鈴鹿山脈・石榑(いしぐれ)峠のふもと、大安(だいあん)町石榑地区で茶づくりを始めおよそ140余年、となります。

名 称 マル信 緑香園
所在地 〒511-0266 三重県いなべ市大安町石榑南2225-2
連絡先 TEL:0594-78-0027
FAX:0594-78-0506
URL:https://www.marushin-ryokkouen.com/
E-mail:marushin@cty-net.ne.jp
創 立 明治10年
主な受賞歴 『昭和28年10月16日』
・全国製茶品評会「農林大臣賞」かぶせ茶   伊藤 信一(2代目)
・全国製茶品評会「農林大臣賞」煎茶     伊藤 一信(3代目)『昭和37年5月21日』
・天皇皇后両陛下が来県の際、志摩観光ホテルでおいて煎茶を献上
『昭和61年10月30日』
・三重県茶品評会「農林水産大臣賞」普通煎茶 伊藤 哲也(4代目)その他、東海農政局長賞・三重県知事表彰など
認 定 『伊藤 哲也』
・三重県指導農業士 認定第302号
・三重県知事認定 エコファーマー認定茶園1604-0905-03号
『伊藤 康子』
・三重県農村女性アドバイザー 認定第172号
業務内容 ・お茶の製造
・お茶の販売
・お茶を活用した商品開発(飴、入浴料、バームクーヘンなど)
・オンラインショップへの出店 https://marushin-ryokkouen.shop/
・お茶の普及活動(地元小学校・高校で講師を務め授業を開催)

恵まれた環境・ この贅沢な自然の恵みに感謝

日々お茶づくりに精を出します。

山麓地帯ならではの恵まれた気候と土壌、宇賀渓がもたらす清冽なる水は茶樹の栽培に非常に適しています。
石榑に流れる水は、竜ケ岳より湧き出て、宇賀渓を通りやってきます。竜ケ岳の湧き水は飲み水としてもおいしいと評判です。
マル信緑香園は、この贅沢な自然の恵みに感謝し、日々お茶づくりに精を出します。

自然に恵まれた気候と風土で「お茶」を作っております

自然に恵まれた気候と風土で「お茶」を作っております

新芽の季節は辺りが鮮やかな緑になります

新芽の季節は辺りが鮮やかな緑になります

竜ヶ岳

竜ヶ岳は、いなべ市と東近江市の境にある標高1,099mの山

秋には蕎麦の花が咲きます

秋には蕎麦の花が咲きます

聖宝寺もみじ

聖宝寺もみじ

藤原岳は、日本三百名山及び関西百名山、花の百名山に選定されている。

藤原岳は、日本三百名山及び関西百名山、花の百名山に選定

両ヶ池の草競馬

両ヶ池の草競馬

梅林公園

約100種類約4500本の梅が咲き誇る梅林公園

マル信 緑香園の沿革

石榑で5代続く「茶農家」
文久2年 初代「伊藤 新次郎」生まれる。
明治10年 マル信 緑香園、創業。
明治27年 二代目「伊藤 信一(のぶいち)」生まれる。
大正12年 三代目「伊藤 一信(かずのぶ)」生まれる。その後「お茶のぶさん」として地域から親しまれた。
昭和5年 工場完成 製造過程を機械化にする。
昭和28年 「二代目 信一」が全国製茶品評会にて、かぶせ茶部門において一等一席「農林大臣賞を受賞」
昭和28年 「三代目 一信」が全国製茶品評会にて、煎茶部門において一等一席「農林大臣賞を受賞」(親子同時受賞)
昭和37年 天皇皇后両陛下が三重県に来県。5月21日志摩観光ホテルにて煎茶を献上。
昭和49年 新店舗完成
昭和51年 新工場完成
昭和59年 工場増築
昭和61年 「四代目 哲也」が三重県茶品評会にて、普通煎茶部門において「農林水産大臣賞」を受賞。
平成11年 店舗改装
平成25年 四代目・哲也に継承

Ocha

お茶商品一覧

マル信緑香園は「飲む・食う・入る」をテーマにお茶の健康活用を目指した商品提案を進めています

Yakuzen

薬膳茶

日本薬膳学会とマル信緑香園がコラボレーションして作った、おいしいくて体にやさしい「薬膳茶」

Ochatea

オチャッテ(デカフェ)

革新技術である超臨界二酸化炭素抽出法による安全で美味しい「カフェイン99%フリー」のおいしいお茶

Facebook
Instagram
OnlineShop
お問合せ